熱間工具鋼

高レベルの熱荷重が加わる用途向け

 

世界の工具鋼のリーディングカンパニーとして,BÖHLERは,お客様が金型製作に関して抱える非常に困難な問題を解決することに集中しています。弊社が特に注力している分野の一つが熱間工具鋼です。

熱間工具鋼は,一般的に表面温度が200°Cを超える用途に使用される工具鋼です。使用中の金型が加熱された成形材に短時間でも接触すれば,その温度は200°Cをゆうに超えます。長時間にわたり熱荷重が負荷されることに加えて,温度の周期的な変化による応力負荷もあります。

前述のような用途に使用される工具鋼は,一般的な機械的応力と摺動・摩擦応力だけでなく,熱応力にも耐えられる必要があります。

 製造工程において真空溶解もしくは真空再溶解された特別な材料です


ESR品質の熱間工具鋼です


 大気溶解で製造され,特殊な熱処理をした熱間工具鋼です