プレスハードニング/ホットスタンピング

[冷間工具鋼 / 熱間工具鋼]

ホットスタンピング–インダイレクト(間接)法

ホットスタンピングは,ハイテン材および超ハイテン材(22MnB5等)から部品を製造するプロセスです。高い抗張力は,金型内での焼入れ中に生じるマルテンサイト変態により実現されます。2種類のプロセスが市場を席巻しています。間接ホットスタンピングでは,鋼板は軟らかい状態で,部品の形状に冷間成形された後,オーステナイト化され,冷却機能を持つ金型の間で焼入れされます。

 

ホットスタンピング–ダイレイクト(直接)プロセス

直接ホットスタンピングでは,あらかじめオーステナイト化されたシートの成形と焼入れが1つの工程内で行われます。焼き入れ後,部品は切削加工され,最終的な形状に加工されます。必要に応じて部品の表面を調整することもあります。

BW065_Tool steels for hot stamping

製品形状の選択